株式会社 宮崎商店は大正7年創業の含蜜糖メーカーです。ふるさ糖、玉砂糖、鬼黒、黒糖シリーズを製造販売を行なっています。
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 工場作業風景

工場作業風景

事務スタッフ

おはようございます!   宮崎商店では、毎朝ミーティングで、 いらっしゃいませ、ありがとうございました。 いらっしゃいませ、お疲れ様でした。 いらっしゃいませ、ご苦労様でした。 と、事務スタッフ全員で腹の底から …

パレロボット

金属探知機(検出機)をクリアーしてきた砂糖(大袋)は、 このパレロボットにより、プラスチックのパレットに積まれます。   3年程前は、作業員が行なっていたので、左右に傾いたり、 間隔が均等でなかったりすることも …

金属探知機(検出機)による作業

ミシン掛け作業により封をされた製品は、振動ローラーコンベアにより平らにならされ、 その後、金属探知機(検出機)をくぐり抜け、完成します。 ↓ ↓ ↓ この金属探知機(検出機)は、検出ヘッドを違う角度で2機、備えている特別 …

ミシン掛け作業

(ニューロング製 KSー12 ) 皆で丹精込めて造った砂糖を大袋に量り入れオーバーテープミシンで、ミシン掛けすれば、ほぼ出来上がり!このミシン掛け作業、意外と簡単そうに見えるので すが、けっこう難しいので、一袋づつ丁寧に …

私が工場長です

皆さん、こんにちわ 私が宮崎製糖(宮崎商店)の工場長、西牟田です。 ただ今、スクリューコンベアを流れている砂糖の出来をチェックしています。 なかなかいい玉糖が出来ました。 私の仕事は、 工場内で作業している皆を一つにまと …

二重釜による濃縮作業

 『昔ながらの方法で、、、』 と社長がTOPページで申しておりますが、 この代々受け継がれている二重釜がまさにそれです。  精糖メーカーが製造している白い砂糖は、 最終工程で真空結晶缶という装置の中で液体から固体(結晶) …

溶糖作業

製品の出来はこのタンクの中でほぼ決まってしまう一番重要な工程   この大きなタンクは全体がハカリになっていて、熱を加えながら原料をブレンドし原液を造ります。 タンクは2個あり、交互に3トンから4トンの原液を造っ …

タンクローリー

糖蜜を運ぶタンクローリーはステンレスのピカピカタンクでとっても眩しい! 一回に約10トンの糖蜜を運びます。 作業時間は約30分です。 藤木陸運の皆さん、いつも有難う御座います。

原料糖(粗糖)の受け入れ

原料糖(粗糖)の受け入れ 毎朝1~2回、約10~20トンの原料糖(粗糖)を千葉県から運んでいます。 荷台の横には社名とドメインが入っておりますので、 見かけた方は、手を振って見てください。 いつも安全運転を心掛けておりま …

« 1 2
PAGETOP
Copyright © 株式会社宮崎商店 All Rights Reserved.