宮崎商店(宮崎製糖)では

業務用の大袋製品(玉糖・玉糖黒糖入り・江戸前黒砂糖・特上玉糖・粗製三温糖、他)の他に

家庭用の小袋製品も製造しています。

その小袋製品のうち “鬼黒” と “恋丸” 以外の製品

“玉砂糖” “ふるさ糖” “黒砂糖” と “受託製品” を

小袋自動計量充填包装機で製造しています。

前回の “家庭用小袋製品の製造(その1)” では

この機械の自動計量システム(コンピュータースケール)部分の

ことについて説明しましたので、

今回は、最終工程の自動充填包装機(ゼネラルパッカー製GP-1000)

について説明します。

 

左の従業員は袋のセットからタッチパネルによる全システムの設定を行なうオペレーターです。

右の従業員は自動充填包装機から出てきた砂糖をチェックしています。

上流部のコンピュータースケールによって計量された砂糖

ほぼ垂直に下流部にある自動充填包装機

(ゼネラルパッカー製GP-1000)のロボットアームが待ち受ける

袋に落下し、、、

【ならし】   【脱気】  【ヒートシール】  【冷却バー】  【排出】 となります。

ここでは常に 機械の調子 と 砂糖の状態 を

オペレーターの設定で上手く合わす事がとても重要となります。