夏バテ対策

夏になって、暑くなると「体がだるい」、「食欲低下」、「寝不足」、「無気力」などといった諸症状がなんとなくあらわれてきますが、これが“夏バ テ”と呼ばれるものです。はっきりとした症状はなく日常生活に差し障りがないため、特に対策をしないまま毎日を送ってしまいがちですが、ちょっと生活を工 夫するだけで、夏バテは防げます。暑い夏を元気に過ごす為、夏バテ対策をやってみましょう!

①室温調整:内外の温度差を7℃以内に、、、エ アコンの設定温度を外気温-7℃以内に設定する事により、寒暖の差による体の負担を減らします。除湿機能を上手に使えばそれほど温度を下げなくても快適で す。また、扇風機の風は、長時間当たっていると、体の表面温度を下げてしまいますので注意が必要です。天井へ風を向け、室内の空気を循環するだけでも良い でしょう。

②体温調整:エアコンの効きすぎている室内にずっといると、体が冷えすぎてしまいます。脱ぎ着しやすい服装で体温を自分でコントロールしましょう。カーディガンや膝掛け、レッグウォーマー、靴下等を上手に利用しましょう。

③ ミネラル補給:夏の暑さにより温められた体は汗をかくことにより、体温を下げようとします。その際、汗と一緒に体内のミネラルも外に流れ出てしまうので す。仕事後、運動後に飲む冷えたビールはこの時期、格別ですが、汗と一緒に外に出てしまったミネラルをしっかり補給する事を忘れないで下さい。あっさりし たものや、冷たいものばかり食べてしまいがちですが、ますます冷えを深刻にしてしまうこともありますので、注意です。体を温める食べ物やミネラルを多く含んだ食材を摂取するように心掛けましょう。

④シャワーと入浴:エアコンで冷えた体を温めるには、ぬるめのお湯(40℃位)にしっかり浸かると良いですよ。(温熱効果・水圧効果) また朝は熱めのシャワーで、体をシャキッと目覚めさせましょう。

⑤朝食をしっかりと:朝食をしっかりと摂る事で代謝・体温を上げ、体の目覚めを良くしましょう。ご飯やパンなどの炭水化物は、消化もよくエネルギーに変りやすいのしっかり摂りましょう。

⑥ 快眠:夏はただでさえ日照時間が長いので、昼間の活動が長くなり、睡眠時間が短くなりがちです。そこにきて熱帯夜で寝苦しいことが多く、寝つきが悪い・眠 りが浅いため、昼間の集中力や全身の運動能力が低下してしまう事が多いのです。眠りの深いノンレム睡眠の質を上げ、回復力を高めましょう!・寝室のカーテ ンを遮光性の高いものにして、就寝中は部屋を暗くする。・エアコンを上手に使う。・寝る前に好きな音楽を聴いてリラックスする。就寝の30分前位にお風呂 に入る。抱き枕を使って体の周りの通気性を良くする。等の工夫をしてみましょう。

⑦運動:エアコンの効き過ぎによってむくんでしまった足は、階段の上り下りや、マッサージ、ウォーキング、入浴等で、血行を良くしてあげましょう。また、運動をする事により、全身の血行が良くなり内臓の働きも良くなります。

以上、暑い夏を乗り切る“夏バテ対策”でした。

Follow me!