砂糖の働き(其の4)ゼリー化

砂糖の働き(其の4)ゼリー化

ジャムをつくる時、砂糖を沢山加えて煮込むのは、ただ甘さを付ける為だけではありません。

果物に含まれている酸ととも砂糖がペクチン(食物繊維の一種)を繋ぎ合わせ、

その中に水分を貯えることにより、“とろみ” がつくのです。

これを ゼリー化 と呼びます。

昔のヨーロッパで、まだ冷蔵庫がなかった時代に、果物をゼリー化してジャムにしたのは、

たくさん採れた果物を、よりおいしく食べたり保存したりする為に盛んに行われました。

日本の漬物は、主に野菜と塩ですが、保存という意味でよく似ています。

気候の違うさまざま地域で発展してきた保存食、昔の人たちの知恵は凄いですね!

店長:宮崎

Follow me!