砂糖の働き(其の1)親水性

皆さんは砂糖にさまざまな働きがあるのを知っていますか?

今回は、その中の一つ“親水性”についてちょっとお話します。

親水性とは水になじみやすくする効果の事で、素材に水分をすばやく染み込ませる

働きの事をいいます。

肉に砂糖を揉み込むと、砂糖がタンパク質(コラーゲン)と水分を結びつけて

肉を柔らかくしたり、干しシイタケを早く戻したい時に、水ではなくぬるま湯に

少し砂糖を入れた砂糖湯を使うと早く戻るのも、砂糖の働きによるものなのです。

また、煮物をつくるときも、ダシの旨みを素材に染み込ませたい場合に、

はじめに砂糖を少量使用すると水分と一緒に旨みも染み込むのも、

砂糖の働き“親水性”によるものなのです。

甘さ控えめの現在ですが、上手に砂糖を使って健康的な生活をおくりましょう。