砂糖アート(砂浜のカニ)

1ヶ月くらい前になりますか~

会長が旅先でふらりと立ち寄った骨董屋でカニの置物に一目惚れ、、、 値切って購入◎!

色まで本物のカニのように赤黒く、荒削り(鋳物)なところなんかも結構リアル!

そんなリアルな置物を同じ色合いのサイドボードに入れても、まったく目立たず

ちょっと淋しかったので、会長が出掛けてる間にちょっと遊んじゃいました、、、、↓ ↓ ↓

奥に見えるピンボケの赤黒い物体がカニ

正面から見るとこんな感じ、・*;・。、@

 

鋳物の胴体に鉄板から切り抜いた足を溶接でくっつけていました。ヤスリで削ったような

表面の仕上げが、とてもカニっぽくていい感じ。。。。色も何ともいえない渋さでいい!

全貌

木箱の蓋を火であぶり焦げ目を着けたり、ふるさ糖を篩いで振るいながら撒いて、

半日ほど時間を掛けて、こんな感じに出来ました。

自画自賛の作品だったのですが、、、、

「部屋中甘い匂いで、た・ま・ら・ん!」との事、一夜でバラバラとなってしまいました。

今は、同系色のサイドボードの中で落ち着いています。 

Follow me!